キッズ予防プログラム
こどもたちが生涯健康でいられるためのサポートを行なっています
 
「歯科医院は虫歯治療する場所」という時代はひと昔前の話。今はお子さんの歯だけでなくお口全体の健康、延いては全身の健康を司るための予防が広まってきています。歯科でおこなわれる「定期検診」を受けることで、お口の機能をしっかり育てることや虫歯予防の処置や正しいホームケア方を学ぶことができ、健康意識の高いお子さんに成長することができます。生涯美味しい食事ができ、健康を保つためには”健康で丈夫な歯”が欠かせません。
そこで、当院がおこなっているキッズ予防プログラム「スマイルスマイルキッズ」をご紹介したいと思います。
                     
 
 
こどもたちが生涯健康でいられるためのサポートを行なっています

「歯科医院は虫歯治療する場所」という時代はひと昔前の話。今はお子さんの歯だけでなくお口全体の健康、延いては全身の健康を司るための予防が広まってきています。歯科でおこなわれる「定期検診」を受けることで、お口の機能をしっかり育てることや虫歯予防の処置や正しいホームケア方を学ぶことができ、健康意識の高いお子さんに成長することができます。生涯美味しい食事ができ、健康を保つためには”健康で丈夫な歯”が欠かせません。そこで、当院がおこなっているキッズ予防プログラム「スマイルスマイルキッズ」をご紹介したいと思います。

正しい歯周病治療
   

 

「あいうべ体操」ってなんだろう?
福岡市のみらいクリニック院長の今井一彰先生が考案した体操です。
口の周りの筋肉を鍛えることで口呼吸を鼻呼吸にし、さまざまな病気の改善に役立てるという体操です。

 
「あいうべ体操」はアレルギー性疾患をはじめ、様々な不快症状を改善する可能性があるお口の体操です!

この運動は、お口の問題だけでなく、たとえばアレルギー性疾患や便秘、顔のむくみなど様々な不快症状を改善する可能性があります。歯科治療の機会を通じて、試してみてはいかがでしょうか。 口を大きく「あ〜」「い〜」「う〜」「べ〜」と動かします。運動ですから、できるだけ大げさにします。声は小さい方がやりやすいです。一日最低30セット(「あいうべ」が1セット)やってください、アゴが痛む方は、「い〜」「う〜」だけでも大丈夫です。
 
お子さんへの最高のプレゼント!
 

 
お口の健康は舌の位置が重要!

舌の位置によって、唾液の分泌、歯槽膿漏、虫歯の状態まで変わって来ます。口を閉じているときは、必ず舌の位置を意識するようにして下さい。舌の位置が改善されることで、様々な症状が改善していきます。

 
 
 
 
 

乳幼児検診などで、小さなお子さんを持つお母さん方の相談内容は、虫歯の予防から『食べるのが上手にできない』『食べない』『言葉が遅い』『言葉がはっきりしない』といったものに変化しています。
これらの悩みに「効果があった!」と多くのお母さんから喜びの声を頂いたメソッドが、このタッチ&タッチです。
(単に”ベロタッチ”、または”クマモトメソッド”とも呼ばれています)
子どもの脳の前頭葉の感覚野・運動野における「唇の感覚」「舌の感覚」の占める割合は、実は手指と同じくらい広い範囲を占めているので、「天然の木の積み木で、手の感覚を養いながら遊ぶと脳の発育に良い」のと同じように、唇や舌を刺激することで脳の働きが活発になって、運動能力・口腔機能(食べる、飲み込むという動作)・心の成長までプラスの影響が出るのです。
 

 

  「あいうべ体操」ってなんだろう?
福岡市のみらいクリニック院長の今井一彰先生が考案した体操です。
口の周りの筋肉を鍛えることで口呼吸を鼻呼吸にし、
さまざまな病気の改善に役立てるという体操です。
スマイルキッズ入会特典
 
 
「あいうべ」体操で、舌の位置を元通りにしていきましょう。 早い方で3週間、遅い方でも3ヶ月程度で改善しますから、あきらめずに頑張りましょう!!