お口の中から銀歯をなくしませんか?
~ セラミック治療 ~

銀歯の害を知ろう

銀歯の害を知ろう

銀歯は正しくいうと、「金銀パラジウム合金」でつくられています。これは金2%、パラジウム20%、銀50%前後、銅20%前後のほか、インジウムなどが数%含まれている合金です。近年、この中のパラジウムが金属アレルギーの原因になることが問題になっており、自覚のないまま次のような症状が現れています。

お口の中の症状 接触性皮膚(粘膜)炎、扁平苔癬  など
全身の症状 腎炎、喘息、過敏性肺炎、凡発性湿疹、全身性接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、薄毛、にきび など

もし、こういった症状が出ていながら原因がわからない……ということがあれば、お口の中の銀歯が問題かも知れません。当診療室では銀歯をすべて取り除き、セラミックに取り替える治療に対応していますので、お気軽にご相談ください。

被せ物や詰め物の材質には様々な材質の物があります。 材質にはそれぞれ特徴や患者さんの歯並びや噛む強さによって適応できる物・できない物とあります。 当院では、患者さんの希望をふまえながら適した被せ物のご提案をさせていただいております。

ルトゥール歯科診療室のセラミック治療

当診療室では患者さんの健康を一番に考え、セラミックでの治療をおすすめしています。 セラミックは、『10年で98%、18年で95%』が機能していると言われています。 つまり銀歯よりも長持ちし、ご自身の歯を長持ちさせることができるのです。 こういったことから、当診療室は皆様に 次のセラミック素材を使用した被せ物・詰め物の治療をおすすめさせていただいております。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

人口のダイヤモンドであるジルコニアにセラミックを焼き付けた2層構造素材。
特徴①天然歯と変わらないくらいの美しさ
特徴②耐久性に優れている
特徴③よく噛める

e-max

e-max

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としてつくられたオールセラミック素材。
特徴①透明感がある
特徴②天然歯と同じくらいの柔らかさで対合歯に優しい

ジルコニア

ジルコニア

人口のダイヤモンドであるジルコニア素材。
特徴①強度に優れている
特徴②透明感のない白さ

最小限のダメージで、すぐに美しく~ドックベストセメント+グラディアダイレクト~

当診療室では、虫歯治療において歯のダメージを最小限に抑えながら、その日のうちに美しい歯に仕上げる理想的な審美治療を組み合わせてご提供しています。

ドックベストセメント グラディアダイレクト

虫歯が神経に近い部分まで到達した場合に、神経に近い感染歯質を残して削り、ドックベストセメントという特殊な薬を詰めて、残っている虫歯菌を殺菌するという治療法です。

通常であれば神経を除去しなくてはならないような症例でも、神経を残すことができ、また歯質を削る量も少なくてすみます。当診療室では8倍まで拡大できるサージテル拡大鏡を用いて治療を行いますので、より精密な治療が可能になります。

虫歯になった部分だけを最小限削り取り、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせてつくった歯科素材、ハイブリッドセラミックを直接盛り付けて美しく仕上げる治療法です。

ハイブリッドセラミックは保険診療のレジンより美しい上に耐久性が高く、1回で治療は終わります。
さらに比較的費用を抑えた自費診療です。

最小限のダメージで、すぐに美しく~ドックベストセメント+グラディアダイレクト~

当診療室では、この二つの治療を組み合わせた「ドックベストセメント+グラディアダイレクト」をご提供しています。
当診療室の院長、金沢は、ドックベストセメントを日本で初めて導入した埼玉県比企郡の小峰先生より指導を受けておりますので、安心して治療を受けいただけます。