早く、確実になおす~歯周病治療~

正しい歯周病治療に取り組む

正しい知識をもって歯周病治療に取り組みましょう

全身疾患に関わる歯周病

歯ぐきの腫れや出血などの症状で気づくことが多い歯周病。悪化すれば歯を支えている顎の骨や歯ぐきが溶かされ、最終的に抜け落ちてしまう病気です。実は日本人の約8,000万人が感染しているといわれており、歯周病菌が血管を通じて全身を巡ると、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、糖尿病、早産、低体重児出産、といった全身疾患の原因になる事も分かってきました。歯周病菌は、歯ぐきが傷ついて出血が起きた際に血管に入り込んで全身を巡ります。健康な人の場合、少しぐらい歯周病菌が血管に入り込んだとしても免疫が働くため問題は起きませんが、基礎疾患のある方や高齢者など免疫力が低下している方においては、命に関わる重大な問題を招く可能性があります。当診療室では歯周病治療に力を入れており、このような全身疾患との関係をふまえた場合、従来の歯周病治療には問題があると考えております。

歯周病による糖尿病への悪影響

歯周ポケット内にあるバイオフィルム(細菌の塊)の中では、グラム陰性桿菌(かんきん)や、らせん状菌が睡眠状態で静かに存在します。しかしこれらの菌は血管に入り込んだ途端に 毒素を放出。その結果炎症反応が起こり、コレステロールの沈着や血管内皮細胞の障害が起こるといわれています。これが、動脈硬化の元になるものです。実際に動脈硬化および 動脈瘤が起きている部分からは、歯周病悪玉菌のらせん状菌が検出されるといわれています。

更に血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる可能性があります。また、歯周病菌によって糖尿病が悪化し、逆に糖尿病によって歯周病が悪化するという負の連鎖が起こるとされています。糖尿病の血清コントロールに歯周病治療が重要である事が認識されて来ています。

ルトゥール歯科診療室の歯周病検査

ルトゥール歯科診療室の歯周病検査

ルトゥール歯科診療室では、治りにくく再発しやすい歯周病を確実に治癒に導くために、治療前の検査に力を入れております。検査結果を元に現在の歯周病の進行段階を見極め、それに適した治療を選択します。歯周病菌は、歯ぐきが傷ついて出血が起きた際に血管に入り込んで全身を巡ります。健康な人の場合、少しくらい歯周病菌が血管に入り込んだとしても免疫が働くため問題は起きませんが、基礎疾患のある方や高齢者など免疫力が低下している方においては、命に関わる重大な問題を招く可能性があります。

一方、基本的な歯周病治療では、スケーリング(歯石取り)を行います。しかしスケーリングには出血がつきものであり、その際には1分間に数万の歯周病菌が血管内に入り込むといわれています。こういったことから当診療室では、歯周病治療においてまずスケーリングを行うことはよい選択だとはいえないと考えています。もちろん、よく言われる「ブラッシングで悪い血を出す」ことにも問題を感じています。そこで、当診療室では初めに必ず顕微鏡検査を実施し、まず歯周病菌に感染しているかどうかを調べます。

検査① 位相差顕微鏡検査

検査①位相差顕微鏡検査

お口の中の菌の種類や数などを確認できる特殊な顕微鏡「位相差顕微鏡」を用いた検査を、すべての方の治療前に行っています。お口の中に生息する善玉菌・悪玉菌を含む500~700種類もの細菌の状態を確認し、適切な治療をご提案します。

検査② 歯周ポケット検査

検査② 歯周ポケット検査

プローブという器具を使い、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを測る検査です。深さが深いほど、歯周病が施行していることがわかります。

検査③ 歯の動揺度検査

検査③ 歯の動揺度検査

歯をつまみ、どれだけ揺れるか調べる検査です。揺れが大きいほど歯周病が悪化していることがわかります。

検査④ レントゲン検査

検査④ レントゲン検査

X線写真を撮影し、顎の骨の状態を調べます。顎の骨の溶解が進んでいるほど、歯周病が進行していることがわかります。当診療室が採用しているデジタル画像処理システムは、患者さんへのX線照射線量を従来の半分以下に抑えることが可能です。

タンパク分解型除菌水

タンパク分解型除菌水

タンパク分解型除菌水ポイックウォーターは、次亜塩素酸イオンが歯周ポケットや根管内のタンパク質やバイオフィルムを溶解・破壊した後に、次亜塩素酸が効率良く除菌します。次亜塩素酸は人間の体内で白血球が細菌を殺す過程において主に作用していると言われています。人体に元来備わっている殺菌成分なので、お子様からお年寄りまで安心してお使いいただけます。当診療室では、クリーニング時の出血により歯周病菌が血管内に侵入しないように、必ず除菌水で口腔内を除菌していただいてからスケーリング(歯石取り)を行います。

口臭検査

口臭検査

口臭検査

口臭測定器「オーラルクロマ」を用いて、口臭の元となるVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれるガスを調べ、口臭の直接の原因を調べます。オーラルクロマはVSCのうち、舌の苔から発生する硫化水素、歯周ポケットから発生するメチルメルカプタン、飲食物・内臓疾患から発生するジメルチルサルファイドをそれぞれ個別に測定することが可能です。

※検査前は2時間以内のご飲食、歯磨きを控えていただきますのでご了承ください。

~カビや舌苔が口臭の原因になる!?~

カビや舌苔が口臭の原因になる!?

カビや舌苔が口臭の原因になる!?

口臭の原因の一つには、カビ(口腔カンジダ菌)もあります。このカビは歯周病菌の巣になるため、除去することが必要です。
また、舌苔は細菌や食べかす、はがれた粘膜などが舌の表面に付着してできた白い苔状のかたまりです。舌の表面には舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい突起がたくさんあり、この中に食べかすや口の中ではがれた粘膜がたまり細菌のすみ家になっています。そのため、舌苔も口臭の原因の一つとされています。
当診療室では、専用の舌ブラシ「舌苔トル」と除菌水のポイックウォーターをご使用いただく事をお勧めしています。これらを用いてきちんとケアしていただくと、約1週間後から変化を実感することができます。

ルトゥール歯科診療室の歯周病治療

従来の歯周病治療は、肉眼による検査を元にしたスケーリング(歯石取り)などの外科的処置が中心でした。しかし、お口の中にたくさんの歯周病悪玉菌がいる方がいきなりスケーリングを行えば、出血した傷口から大量の菌を血流中に送り込んで、菌血症を引き起こしてしまいます。歯周病菌は心臓病や高血圧、糖尿病を悪化させることがわかっている中で、これは大きな問題です。そこで当診療室では、感染した悪い部分を取り除くという従来の治療法ではなく、原因となる細菌を除菌するという新しい歯周病治療を行っております。詳細な検査の元、1人1人のお口の状態に合った治療法を組み合わせて治癒に導きます。

重度な歯周病の方に歯周内科治療

特徴1

お薬を使って身体の中から歯周病悪玉菌を除菌

特徴2

比較的耐性菌のできにくい「ジスロマック」使用

特徴3

すぐ再発したり、思う様に改善しなかった方におすすめ

感染を止める・骨の破壊を止めるPerfect歯周初期治療

特徴1

治療回数は重症でも3回

特徴2

視野8倍の超精密歯周治療

特徴3

歯周病菌だけでなく、虫歯菌やカビまでも殺菌

特徴4

高濃度の除菌水で徹底的に菌を殺菌

特徴5

無痛治療で行うことができる

1本でも確実に歯を残すためにPerfect歯周メインテナンス

特徴1

細菌バイオフィルムを徹底除去

特徴2

カビの徹底殺菌

特徴3

高濃度の除菌水でのポケット内、舌表面の洗浄

※診療または自由診療での一連の歯周病治療を終えられた方が対象のメインテナンスになります。改善されたお口の状態を継続していただくために最新の知識と技術を盛り込んだ治療システムです。

※こちらはすべて自由診療となります。