歯がグラグラする・血が出る ~ 歯周病 ~

正しい知識をもって歯周病治療に取り組みましょう

正しい知識をもって歯周病治療に取り組みましょう

歯ぐきの腫れや出血などの症状で気づくことが多い歯周病。悪化すれば歯を支えている顎の骨や歯ぐきが溶かされ、最終的に抜け落ちてしまう病気です。実は日本人の約8,000万人が感染しているといわれており、歯周病菌血管を通じて全身を巡ると、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧、早産・低体重児出産、糖尿病といった全身疾患と深く関わっていることもわかってきました。

横浜市港北区、地下鉄高田駅からすぐの歯医者「ルトゥール歯科診療室」では歯周病治療に力を入れており、このような全身疾患との関係をふまえた場合、従来の歯周病治療には問題があると考えています。こちらでは、当診療室が考える新しい歯周病治療についてご紹介します。

当診療室における歯周病治療の考え

当診療室における歯周病治療の考え

歯周病菌は、歯ぐきが傷ついて出血が起きた際に血管に入り込んで全身を巡ります。健康な人の場合、少しぐらい歯周病菌が血管に入り込んだとしても免疫が働くため問題は起きませんが、基礎疾患のある方や高齢者など免疫力が低下している方においては、命に関わる重大な問題を招く可能性が否めません。

一方基本的な歯周病治療では、スケーリング(歯石取り)を行います。しかしスケーリングには出血がつきものであり、その際には1分間に数万の歯周病菌が血管内に入り込むといわれています。こういったことから当診療室では、歯周病治療においてまずスケーリングを行うことは、よい選択だとはいえないと考えているのです。もちろん、よくいわれる「ブラッシングで悪い血を出す」ことにも問題を感じています。

そこで当診療室では、初めに必ず顕微鏡検査を実施。まず、歯周病菌に感染しているかどうかを調べようにしています。検査によって感染が確認されたら、当診療室の新しい歯周病治療をご提案します。

歯周病による糖尿病への悪影響~歯周病菌連鎖とは?~

深い歯周ポケット内のバイオフィルム(細菌の塊)の中では、グラム陰性桿菌(かんきん)や、らせん状菌が睡眠状態で静かに存在しています。しかしこれらの菌は血管に入り込んだ途端に毒素を放出。その結果炎症反応が起こり、コレステロールの沈着や血管内皮細胞の障害が起こるといわれています。これが、動脈硬化の元になるものです。実際に動脈硬化および動脈瘤が起きている部分からは、歯周病悪玉菌のらせん状菌が検出されるといわれています。

また糖尿病においては、歯周病菌によって糖尿病が悪化し、逆に糖尿病によって歯周病が悪化するという負の連鎖が起こるとされています。これが「歯周病連鎖」」なのです。

ルトゥール歯科診療室の歯周病検査

ルトゥール歯科診療室では、治りにくい上に再発しやすい歯周病を確実に治癒に導くために、治療前の検査に力を入れています。検査結果を元に現在の進行段階を見極め、それに適した治療を選択します。

一般的な検査
歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

プローブという器具を使い、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを測る検査です。深さが深いほど、歯周病が施行していることがわかります。

歯の動揺度検査

歯の動揺度検査

ピンセットで歯をつまみ、どれだけ揺れるか調べる検査です。揺れが大きいほど歯周病が悪化していることがわかります。

X線写真検査

X線写真検査

X線写真を撮影し、顎の骨の状態を調べます。顎の骨の溶解が進んでいるほど、歯周病が進行していることがわかります。当診療室が採用しているデジタル画像処理システムは、患者さんへのX線照射線量を従来の半分以下に抑えることが可能です。

新しい歯周病検査

当診療室では、「しっかりとした検査」「きちんとしたご説明」をモットーに歯周病治療を行っています。こちらでは、当診療室で行っている新しい歯周病検査をご紹介します。

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡検査

唐診療室では、お口の中の菌の種類や数などを確認できる特殊な顕微鏡「位相差顕微鏡」を用いた検査を、すべての方の治療前に行っています。お口の中に生息する善玉菌・悪玉菌を含む500~700種類もの細菌の状態を確認し、適切な治療をご提案します。

口臭検査

口臭検査

口臭測定器「オーラルクロマ」を用いて、口臭の元となるVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれるガスを調べ、口臭の直接の原因を調べます。オーラルクロマはVSCのうち、舌の苔から発生する硫化水素、歯周ポケットから発生するメチルメルカプタン、飲食物・内臓疾患から発生するジメルチルサルファイドをそれぞれ個別に測定することが可能です。

検査にあたっては2時間以内の飲食、ブラッシングを控えていただきますのでご了承ください。

~カビが口臭の原因になる!?~

口臭の原因の一つには、カビ(口腔カンジダ菌)もあります。このカビは歯周病菌の巣になるため、除去することが必要です。当診療室では、専用の舌ブラシ「舌苔トル」+ポイックウォーターの使用をご提案しています。これらを用いてきちんとケアしていただくと、1週間後から変化を実感することができます。

リアルタイムPCR法による歯周病遺伝子診断

従来、位相差顕微鏡による検査で確認できたのは、歯周病の原因菌の一つである、らせん状菌だけでした。しかしらせん状菌がほとんどないにもかかわらず、歯ぐきの状態が悪い患者さんがおり、そのほかの悪玉菌を確認する検査が必要になったことで「PCR検査」が行われるようになりました。

PCR検査は、アグリゲイトバクター・アクチノマイセテムコミタンスなどの重症の歯周病を招く菌の特定が可能です。これによって、従来よりも精密な歯周病検査が可能になったのです。

検査料:6,300円~10,500円(税別)

ルトゥール歯科診療室の歯周病治療

従来の歯周病治療は、肉眼による検査を元にしたスケーリングなどの外科的処置が中心でした。しかし、お口の中にたくさんの歯周病悪玉菌がいる方がいきなりスケーリングを行えば、出血した傷口から大量の菌を血流中に送り込んで菌血症を引き起こしてしまいます。歯周病菌は心臓病や高血圧、糖尿病を悪化させることがわかっている中で、これは大きな問題です。

そこで当診療室では、感染した悪い部分を取り除くという従来の治療法ではなく、原因となる細菌を除菌・殺菌するという新しい歯周病治療を新たに選択しています。詳細な検査の元、次に挙げる治療法を組み合わせて治癒に導きます。

※こちらはすべて自由診療となります。

薬を用いた内科的歯周病治療

歯周病悪玉菌が多い場合には、比較的耐性菌のできにくい「ジスロマック」という抗生物質を3日間服用していただくことで、身体の中から悪玉菌を除菌します。通常の歯周病治療より圧倒的に治療期間が短くてすみ、再感染がなければ一生のうち一度の治療で完了します。

高濃度ポイックウォーターによる殺菌洗浄

高濃度ポイックウォーターによる殺菌洗浄

超音波スケーラーから、高濃度のポイックウォーター(除菌効果が期待できる次亜塩素酸疎水)を流し、歯石除去と悪玉歯周病菌の除菌を行います。

高拡大の拡大鏡を用いた短期集中治療

高拡大の拡大鏡を用いた短期集中治療

1回の治療に約1時間~1時間半を確保し、軽度の歯周病なら1回、中等度なら2回、重度でも3回の治療で確実に治癒に導く方法です。まずエアアブレイシブ法で歯面のバイオフィルムを徹底除去し、その後拡大率8倍のキセノンライト式テレスコープを用いながら、高濃度のポイックウォーターで徹底的に除菌します。

ポイックウォーター処方治療

ポイックウォーター処方治療

ポイックウォーターをご家庭で1日2回使用していただくことで、継続的な通院ができない方でも歯周病の改善が望めます。歯周病治癒後の健康維持、および家庭内感染予防のために、継続的な使用をお勧めしています。

バクテリアセラピー

バクテリアセラピー

特別な天然乳酸菌を用いて優れた善玉菌を体内に補給し、悪玉菌の働きを抑え込むという取り組みです。安全性が高く、世界中で採用されています。

»バクテリアセラピーについてくわしくはこちら