大切な歯を可能な限り削らない
~ ダイレクトボンディング ~

可能な限り削らず、歯型も取らない

可能な限り削らず、歯型も取らない

虫歯になってしまっても歯を削る量は最小限に抑えたいものです。歯を一度削ってしまったら元には戻せません。通常虫歯治療で被せ物をするときには、虫歯に冒された歯質を削り、被せ物が外れないように虫歯の面積よりかなり大きく歯を削らなくてはなりません。大きなトレーをお口の中に入れて上下の 歯型を取り、1週間ほどしてやっと被せ物ができ上がり装着します。被せ物を入れるために虫歯の面積の何倍も削らなくてはならないのはもったいないですよね。当診療室では、虫歯の部分だけを慎重に削り取り、その場で詰める事ができるダイレクトボンディングを行っています。こちらではダイレクトボンディングについて詳しくご紹介します。

可能な限り削らず、歯型も取らない

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは虫歯の部分のみを慎重に除去し、歯の色と同じ色味のコンポジットレジン(合成樹脂)を直接盛り付けて歯の形を美しく整える治療法です。レジンにセラミックが加わって適度な柔軟性が生まれ、保険の詰め物の欠けやすいというデメリットがカバーされました。セラミックの効果により自然な歯の白さに近づけることができるので、レジンだけの治療よりも美しい仕上がりになります。
ダイレクトボンディング治療により、歯をなるべく削らずに、たった1日で虫歯の治療が完了し、更に美しく治すことが可能になりました。

特徴1レーザーで虫歯の部分だけを取り除く

可能な限り削らず、歯型も取らない

虫歯の治療はタービンで虫歯の柔らかくなったところを削ります。しかし、その際に健康な歯質も削ってしまうことがあります。しかし、レーザーを利用すると虫歯に感染している部分のみ反応しますので、虫歯の部分だけを取り除く事ができますので、健康な歯質までを削ることはありません。また同時に殺菌を行い耐酸性を高める効果もありますので、虫歯になりにくい歯を作ります。※レーザーを使えない症例もございます。

特徴2拡大鏡による視野拡大

特徴2 拡大鏡による視野拡大

歯を削る時に視野8倍の拡大鏡を利用します。拡大鏡を使用する事により、治療の精度が上がります。

特徴3強度の強い材料で詰める

特徴3 強度の強い材料で詰める

特徴3 強度の強い材料で詰める

詰め物の強度が弱いとすり減ったり、欠けたりする可能性があります。ダイレクトボンディングの材料はセラミックが含有しているので、すり減りにくく欠けにくいのが特徴です。すり減りが生じると噛み合わせの歯がすり減ったところにはまり込んで噛み合わせが悪くなり、歯が揺れる原因になります。欠けた場合は欠けたところに隙間ができて再び虫歯になってしまいます。

特徴41日で美しく白い歯に

30分~90分の処置で、白く美しい歯を取り戻す事ができます。
(大きさによって処置時間が異なります)

特徴5保証

1年半~3年間の保証が付くので安心です。
(保証は年に3~4回検診を受けている方に限ります)

ダイレクトボンディングについてのお願い

※ダイレクトボンディングはお時間をいただく精密治療になりますので、初診来院での処置はできない場合がございます。

※ダイレクトボンディングは他の患者様をお断わりして多めのお時間を取らせていただいております。予約のご都合が悪くなった場合はなるべく早くご連絡をくださいますようお願いいたします。

すきっ歯の方、前歯が欠けた方も一度ご相談ください

当診療室では、前歯が虫歯になってしまった方やすきっ歯の方、また前歯が欠けてしまった方に対し、ダイレクトボンディング治療をお勧めしています。
治療後には前歯が美しく仕上がり、鏡を見て驚かれる患者さんも少なくありません。たった1日でできる治療ですので、前歯の見た目が気になる方は当診療室までご相談ください。