入れ歯が痛い・合わない ~ 入れ歯治療 ~

自分のお口に合った入れ歯を

自分のお口に合った入れ歯を

歯を失ってしまったときの治療法として、一番初めに思いつくのは「入れ歯」ではないでしょうか。しかし入れ歯には、「しっかり咬めない」「外れやすい」といったマイナスイメージがつきもの。また、現在お使いの入れ歯に不満をお持ちの方もいるでしょう。

横浜市港北区、地下鉄高田駅からすぐの歯医者「ルトゥール歯科診療室」では、一人ひとりのお口の状態に合った、快適な入れ歯をおつくりしています。合わない入れ歯によるストレスを解消し、毎日の食事や会話を楽しみましょう。

歯を失ったらすぐに治療を

歯を失ったらすぐに治療を

歯を失っても奥歯などで見えないと、「1本くらい大丈夫……」と放置してしまうことがあります。しかし歯はすべてそろうことでお口のバランスが保たれているものです。たった1本でも失うと、できたスペースに咬み合う歯が伸びてきたり、隣の歯が傾いてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れてしまうのです。

また、咬む刺激が伝わらないことで顎の骨が痩せてしまいます。歯を失ったら放置せず、できるだけ早く適切な治療を受けましょう。

治療の選択肢

失った歯の機能を回復させる治療法には、おもに次の4つのものが挙げられます。

入れ歯 ブリッジ
入れ歯 ブリッジ
失った歯の本数に合わせて、取り外しができる部分入れ歯または総入れ歯をつくります。多くの症例に適応が可能です。 失った歯の両隣にある健康な歯を削って支台にし、その上に連なった人工歯を橋(ブリッジ)のように装着します。
インプラント 自家歯牙移植
インプラント 自家歯牙移植
歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、上部に人工歯を装着して自然な見た目と咬み心地を回復させます。 歯を失った部分に、親知らずなどの不要な歯を抜いて移植する方法です。症例によっては保険適用も可能です。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯には、保険適用のものと自費診療になるものがあります。それぞれの特徴を比べてみましょう。

  保険入れ歯 自費入れ歯
  保険入れ歯 自費入れ歯
素材・様式 床の素材はレジンにかぎられています。部分入れ歯は、金属のバネ(クラスプ)で固定します。 床の素材は金属やシリコン、また歯はセラミックなど、さまざまな選択肢があります。
強度 比較的壊れやすい 丈夫で壊れにくい
修理 しやすい 難しい
熱伝導率 床に厚みがあり熱は伝わりにくい 金属の床なら、食べ物の温度も伝わりやすい
審美性 比較的不自然で入れ歯だとわかりやすい より自然な見た目にできる
装着感 床に厚みがあり違和感がある よりよい装着感にできる
製作期間 比較的短い 比較的長い
費用 比較的抑えられる 比較的高額になる
~当診療室の入れ歯治療:信頼のける歯科技工所との提携~

当診療室では信頼のおける歯科技工所と提携しており、一人ひとりのお口に合った入れ歯をご提供することが可能です。合わない入れ歯ほど、辛いものはありません。当診療室で快適な入れ歯をつくりましょう。

取扱い入れ歯

保険診療の入れ歯
レジン床入れ歯

※表は左右にスクロールして確認することができます。

レジン床入れ歯 床部分がレジンでできた入れ歯です。部分入れ歯の場合には、金属のバネ(クラスプ)で残っている歯に固定します。
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 製作期間が短い
  • 修理や調整がしやすい
デメリット
  • 床が厚く装着時に違和感がある
  • 比較的壊れやすい
自費診療の入れ歯
金属床入れ歯

※表は左右にスクロールして確認することができます。

金属床入れ歯 床部分が金属でできた入れ歯です。金属には種類があり、それによって装着感や費用が異なります。
メリット
  • 床を薄くできるため軽く、違和感を軽減できる
  • 食べ物の温度を伝えやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れが付きにくく清潔に保てる
デメリット
  • 比較的高額になる
  • 素材がコバルトクロムの場合、金属アレルギーのリスクがある
ノンクラスプデンチャー

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ノンクラスプデンチャー バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。弾性のあるプラスチック素材で歯ぐき部分がつくられているため装着感がよく、見た目も比較的自然です。
メリット
  • フィット感がよい
  • まわりの歯に負担をかけない
デメリット
  • 経年によって変色することがある
  • 急激な温度変化に弱い
  • 食べ物の温度が伝わりにくい
  • 比較的高額になる
マグネットデンチャー

※表は左右にスクロールして確認することができます。

マグネットデンチャー 残っている歯根に金属のキャップを、入れ歯の内側に磁石を付け、磁力で固定する入れ歯です。神経を抜いた歯にしか行えません。
メリット
  • 比較的咬み心地がよい
  • バネがなく見た目が自然
  • 取り外しが可能
デメリット
  • 神経を抜いた歯にしか適応できない
  • 比較的高額になる
コーヌスクローネデンチャー

※表は左右にスクロールして確認することができます。

コーヌスクローネデンチャー 残っている歯根に内冠を、入れ歯側に外冠を取り付け、茶筒のふたのようなしくみで装着する入れ歯です。
メリット
  • 入れ歯が安定する
  • 比較的見たがよい
  • 比較的装着感がよい
デメリット
  • 内冠を装着する歯を削る必要がある
  • 歯を失った部位により適応できないことがある