ご挨拶

“Reliableな歯医者”を目指して

“Reliableな歯医者”を目指して

横浜市港北区、地下鉄高田駅からすぐの歯医者「ルトゥール歯科診療室」は、“Reliable(リライアブル)な歯医者”を目指して日々診療にあたっています。“reliable”とは、「頼りになる」「確かな」「信頼できる」といった意味を持つ言葉です。

医療においてもっとも重要ともいえる、患者さんと医師との信頼関係をきちんと築くことを大前提においた上で、適切な治療のご提供に努めます。どうぞ、どんな小さなお悩みも当診療室までご相談ください。

当診療室の行動指針3訓~「ルトゥール」に込めた想い~

当診療室の名前にある「ルトゥール」は、フランス語で「復路」「帰還」「再生」という3つの意味を持っています。当診療室はこの「ルトゥール」という言葉に想いを込め、次の3訓を行動指針として掲げています。

復路 帰還 再生
診療後の帰り道。「行ってよかったわ!」「またここに来よう」そう思ってもらえる歯医者になれるよう、温かな空間づくりを目指します。 歯科医療の原点。帰るべき場所とはどこなのか。治療を受けられる患者さん自身のための、ベストと考えられる診療をご提案します。 歯や歯ぐきが受けたダメージを、いかに自然治癒力を活かして再生に導くか。治療をただ重ねるだけでない、患者さん第一の診療を選択します。

一人でも多くの方を歯周病から守りたい

一人でも多くの方を歯周病から守りたい

歯科治療というと、まず「虫歯」を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし実は、日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病。日本人の歯周病感染者数は8,000万人といわれています。その結果80歳時点の歯の残存数は約9本と、先進国の中でもかなり少ない数字が出ているのです。

ルトゥール歯科診療室はこのことを大きな問題と感じ、一人でも多くの方を歯周病からお守りしたいと考えています。そして歯周病治療を入口に、お口全体をしっかり診てさまざまなトラブルをきちんと解決し、皆さんに笑顔になっていただけるよう努めています。

その実現のために、新しい治療技術を常に学ぶことはもちろん先端機器を積極的に導入し、高度な治療環境を整備。またお忙しい患者さんにも通院していただきやすいよう、土日診療も行っています。さらに無痛治療にも取り組んでおり、ご来院いただいている患者さんにも「痛みが少ない」と評判です。まずはお気軽なご相談をお待ちしています。

設備導入実績

歯周病は感染症であり、それをふまえて先端機器や薬剤を用いて治療を行えば、治癒させることが可能です。当診療室では歯周病の確実な治癒を目指し、さまざまな先端機器を多数導入しています。

導入年月 機器名
2010年3月 位相差顕微鏡「ペリオセーバー」
2010年3月 「薬でなおす歯周病」システム
2010年8月 「パーフェクトペリオ」生成装置
2011年2月 口臭測定器「オーラルクロマ」
2011年2月 歯周病検査機「バナペリオ」
2011年2月 「サージテル」8倍スコープ
2011年2月 130W「キセノンライト」
2012年10月 歯周病遺伝子検査
2012年11月 咬合分析装置「バイトアイ」
2013年1月 舌圧測定器
2013年3月 バクテリアセラピー
2014年5月 エルビウムヤグレーザー
2015年8月 ポイックウォーター生成器